🔫デザートイーグル.50AE

ニューフェイス💖
DesertEagle50AeCr
デザートイーグル東京マルイ、IMI社、デザートイーグル、50AE、クロームステンレス、ガスブローバック。

初めて触る人が多いだろうしとガスブローバックの銃はあえて避けてましたが、「本物の銃みたいにガツンと下がるのないの?」とよく言われるので入荷しました。

🔫コルトガバメント M1911A1

準初期メンバー。
ウエスタンアームズ、コルトガバメントM1911A1、たぶんミリタリーモデル、ガスブローバック。
「ガバメントはないの?」と聞かれるので、井戸さんが個人で7年以上数年前に購入してたのを入れてみました。
古い所為か若干動作が怪しい時はありますがとりあえず動いてます。

壊れた為、使用不可能になりました。現在は提督さんが景品で当てたとかいうのを譲って戴いたので入れ替わってます。
東京マルイ、コルトガバメント、M1911A1、ガスブローバック。

コルトガバメントに関連する作品の一覧 – Wikipedia

🔫コルトパイソン

初期メンバー。
ColtPython357mag6inch
東京マルイ、コルトパイソン.357マグナム、6インチ、ガスリボルバー。

リボルバーのパイオニアであるアメリカのコルト社から、1955年に大型リボルバー・パイソン.357マグナムが誕生しました。当時もっとも強力とされていた.357マグナム弾が開発されて以来、コルト社以外からもこの弾に対応するリボルバーが登場していましたが、その中でもひときわパイソンが注目を集めたのは、それまでのリボルバーにはない特徴的なフォルムと仕上がりの美しさによるところが大きいでしょう。
大口径の弾を発射した時の反動をおさえて命中精度を高める工夫をスタイルに取り入れたことで、力強さや迫力とともに美しさも感じさせるデザインとなっています。さらに初期のパイソンはコルト社が誇る名工の手で1つずつていねいな調整と仕上げが行われていました。品質も価格も最上級であるパイソンは「リボルバーのロールス・ロイス」とまで評価され、結果的に.357マグナム・リボルバーの市場はパイソンの一人勝ちといえるほど、現在でも絶大な人気を誇る名銃となっています。

コルトパイソンに関連する作品の一覧 – Wikipedia

🔫H&K USP

初期メンバー。
USP
東京マルイ、電動ハンドガン、ヘッケル&コッホ社、USP。
追記:故障の為使用不可能になりました。

タクティカルハンドガンの基礎となった精鋭モデル。
ドイツのH&K社が次世代のポリマーフレーム・オートマチックピストルとして1993年に開発した、ユニバーサル・セルフローディング・ピストル「USP」。

H&K USPに関連する作品の一覧 – Wikipedia